【台湾のゴキブリ事情】台湾留学経験者が語る現実 | ありのまま

【台湾のゴキブリ事情】台湾留学経験者が語る現実

【台湾のゴキブリ事情】台湾留学経験者が語る現実

 

台湾に以前三年間住んでいた頃、アリなど虫には散々悩まされました。

その中でも一番悩まされたのは何といってもゴキブリです。

台湾は暑く湿度が非常に高いため、ゴキブリにとってはかなり生活のしやすい天国のような環境です。

台湾に住む前からネットでゴキブリが多いという記事を目にしていたため、ある程度は覚悟していたのですが、やはり実際住んでいると………でした。

私が実際台湾に住んでいた頃感じたゴキブリについてをまとめてみたので、台湾に移住や留学を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

毎日どこでも遭遇する

台湾のゴキブリは基本どこでも遭遇します。部屋の中・駅・飲食店・夜市・公園・道端でまで遭遇するのです。

特に夜はゴキブリの活動が活発になるため非常に遭遇しやすいです。

私が一番ゴキブリに遭遇しやすいと感じたのは朝方の夜市です。

店のごみや食べかすなどが多くあるせいかゴキブリが大量発生します。

日によってはゴキブリとセットになってネズミまで出てくることがあるので最悪です。

なので私は基本的に夜市の近くに住むことはオススメしません

それと夜、公園の木などにゴキブリが集まっていることがあります。

以前、夜公園を散歩しているときに木にカブトムシがとまっているのかと思い近くに行くとカブトムシでなくゴキブリだったなんてこともありました。

 

 

 

 

夏は地獄!?

台湾の夏はゴキブリ天国です。

そのため政府がゴキブリや害虫を駆除するためにあちらこちらに薬をまくのです。

薬はだいたい住民が寝静まった深夜から朝方にかけてまかれるのですが、薬をまいた日の朝は道路、特にマンホール付近は恐ろしいことになっています。

それはなぜかというと、薬で驚いたゴキブリが大量に地上に出てきて死んでいるのです。

はじめて見たときはホントに気持ち悪くて気絶しそうでした。

※台北市内、特に観光地などではあまりこういった光景を目にしないので、観光で台湾に来る方はあまり遭遇することがないと思うので安心してください

 

 

 

 

 

最低限のゴキブリ対策

もし台湾で部屋を借りて生活するのであれば、部屋でゴキブリを見ないために最低限の対策はしておいた方がいいです。よく言われている対策は以下の5つです。

・ゴミ箱は蓋があるものを使う

・水回りの掃除はこまめに行う

・排水溝に蓋をする

・部屋の湿度をなるべくあげないようにする

・ゴキブリ駆除の餌などを置く

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

台湾は日本に比べるとやはりゴキブリが多くいるのは確かです。

しかし一年中多くのゴキブリに遭遇するわけではありません。

やはり冬になると遭遇する頻度はかなり減ります。実際私は一ヶ月まったく遭遇しなかったなんて月もありました。

夏でも比較的新しい建物はゴキブリに遭遇しにくかったりもするので、移住や留学を考えている人はあまり恐れず考えすぎないでください。

ただ、ある程度の覚悟はしておくことをオススメします。



台湾カテゴリの最新記事