大失敗!!台湾で初めて借りた家が最悪だった。 | ありのまま

大失敗!!台湾で初めて借りた家が最悪だった。

大失敗!!台湾で初めて借りた家が最悪だった。

 

どうも!台湾と日本を行き来しながら自由気ままに生きてる25歳SOU(@arinomama07)です。

私は数年前に留学のため初めて台湾を訪れ、初めて台湾で部屋を探し、大失敗しました

今回はその時「失敗したー」と思った体験をお話します。

 

※ちなみに初めて借りた家
台北市内
家賃月9000元ワンルーム
仲介業者なし

 

スポンサーリンク

 

朝お湯がでない…

私は朝シャワーを浴びる習慣があり、入居した次の日もいつも通り朝シャワーを浴びようとすると…

「!?」

なんとお湯がまったく出ないのです。

私は急いで大家に連絡しました。

大家「今忙しいから夜様子を見に行く」

と返事をされ、私は仕方なくその日はシャワーを浴びず準備をし、授業に出かけました。

帰宅すると…

大家「昼間チェックをしたけど問題なかった」

と連絡があり、確かにその日の夜は、大家の言う通り問題なくお湯が出てシャワーを浴びることができました。

しかし、

次の日の朝なんとまたお湯が出ないのです。

怒った私はもう一度大家に連絡したところ、大家はめんどくさそうにこの家のお湯の仕組みを私に説明してきました。

大家が言うには、階ごとに一日に使用できるお湯の量が決まっていて、夜使いすぎると翌朝は出ないとのことでした。

(ようするに同じ階の人がお湯を使いすぎると自分の部屋のお湯が出なくなる)

おかしいと思った私は、台湾ではこれが普通なのかと友達に聞くと

「普通ではない!!」「おかしい!!」

と言われ

自分でも調べてみると、確かに普通じゃないということがわかりました。

「変な部屋選んじゃったな、失敗したー」

と当時は結構落ち込みましたね。

 

 

 

 

部屋にアリが…

これは台湾の安い物件だとよくある被害だそうで、私もかなり悩まされました。

夏のある日部屋の壁が黒くなっているのを見つけ、近寄って見てみるとなんとアリが大量に行進しているのです。

SOU「お湯問題の次はこれか…」

私は正直見つけた瞬間かなり萎えました。

部屋で料理をしたり、甘いものを食べたりしていなかったのでおかしいと思いまた大家に連絡しました。

その日に返信がなく、翌日に大家から連絡がきて部屋を見てもらうと

大家「こりゃーどっかに巣があるな」

SOU「…」

大家「今から業者呼んで駆除するか!」

SOU「はい…」

それから数時間後、駆除と壁紙の張替えが終わったのですが、部屋がものすごい匂いがしていたので、その日は自分の部屋では寝れず、友人宅に泊まらせてもらいました。

 

 

数週間後…

今度は張り替えた壁紙が剥がれました…

 

 

スポンサーリンク

 

退去時に請求…

その後もいろいろな問題があり、限界が来た私は、理由を説明して引っ越しすることに決めました。

本来は一年契約のため一年住まないと敷金が返ってこないのですが、理由を説明し相談したところ全額返してくれるということになりました。

しかし!!

退去日に大家が部屋の確認に来たところ

「ここ壊れてる!」

「ここに傷がある!」

など私が住む前からあるであろう傷や壊れた物の事を騒ぎ始め、返す予定の敷金から差し引くと言い始めました。

SOU「は!?」

私はすぐに台湾人の友達を何人か呼びそれはおかしいと一緒に抗議してもらいました。

最終的に入居当時の写真を見つけ元々ある傷ということが証明できたので、敷金は丸ごと返ってくることになりました。

後々、親が不動産会社を経営している友人から話を聞いたところ家族経営で小さい不動産会社をやっているところは違法ギリギリで商売しているとこが多いから気をつけろとの事でした。

それ以降私は、手数料払ってでもちゃんとした仲介業者を利用することにしています。

 

台湾での部屋探しで注意すべき点・確認すべきこと

 

新しい家に引っ越してからはまったく問題が起こらず、まるで別の国で部屋を借りたみたいでした。

台湾は良い物件と悪い物件の差が激しいので、時間をかけてじっくり部屋探しをすることをオススメします。

 

 

台湾カテゴリの最新記事