【台湾移住】台湾の生活費って実際どうなの? | ありのまま

【台湾移住】台湾の生活費って実際どうなの?

【台湾移住】台湾の生活費って実際どうなの?

 

スポンサーリンク

台湾は毎年旅行先ランキング上位に入るほどの人気旅行先です。そのため中国語の勉強に台湾を留学先に選ぶ人や移住を考える人が増えてきています。そこで今回は、台湾の生活費はどのくらいかかるのか自分が台湾で暮らしていた時のリアルな生活費をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

これらは全てあくまでも都心部台北での生活費です

 

 

台北の家賃はぜんぜん安くない!?

私は台湾の首都台北市に住んでいたのですが、正直家賃は日本と比べても全然安くありません。むしろ日本の地方の方が安いくらいです。

ワンルームでトイレ、洗濯機、シャワーが自分専用のがあり、日本人でも大丈夫と思えるくらいの清潔な部屋だとだいたい月13000元(約4万5000円)前後かかってきます。しかも台北市は今もどんどん家賃が上がっている状況です。

一ヶ月家賃

12000元(家賃)+1200元(光熱費)+1000(管理費)

合計14200元(約51000円)

 

 

スポンサーリンク

 

 

食べ物の値段はピンキリ!!

食費についてなのですが、私が日本で一人暮らしをしていたときとあまり変わりませんでした。スーパーなどで安い材料を買って自炊をしても日本で自炊をしていた時より少し安くすむくらいです。なぜなら、台湾のスーパーには日本の調味料やお菓子がいっぱい売っていてどれも価格が日本の1.5だからです。一人暮らしの場合、衛生面が気にならない方は自炊をするより夜市などで買った方が安いと思います。

外食に関しては、台北は最近外国から来た料理店ばかりで現地の料理店以外そんなに日本の料金と変わらない感じです。むしろスイーツのお店なんかは日本より高い店が結構ありますよ。

一ヶ月食費   合計約15000元(約54000円)

 

 

 

 

交通費と雑費

台湾全土で交通費は安く、地下鉄なんかは日本の三分の一くらいの値段です。バスも新幹線もタクシーも基本的に日本の二分の一以下の料金で使用できます。

雑費についてですが、生活用品(トイレットペーパー、食器、掃除用具、化粧品)は日本より少し安いかな程度でそこまで安くありません。

携帯はチャージ式の現地のSIMを買い使用して、月300元(約1000円)です。

一ヶ月交通費と雑費   合計約1500(約5400円)

 

 

 

 

交際費

交際費は月によってバラバラなのでだいたいの平均額で計算しました。

一ヶ月交際費  合計約5000元(約18000円)

 

 

 

 

結果一ヶ月の生活費は?

14200元(家賃合計)+15000元(食費)+1500元(交通費、雑費)+5000元(交際費)
合計35700元(約132000円)

毎月多少多かったり少なかったりはあるのですが、だいたい毎月最低10万円は必要になります。
留学生など遊んだり飲んだりが多いような生活になると、15万円くらいは必用になっくるでしょう。
台湾の台北での生活は東南アジアみたいに安くはすみませんよ。結構かかります。

 



台湾カテゴリの最新記事