台湾師範大学の語学センターに通ってみて正直な感想【台湾留学】 | ありのまま

台湾師範大学の語学センターに通ってみて正直な感想【台湾留学】

台湾師範大学の語学センターに通ってみて正直な感想【台湾留学】
スポンサーリンク

日本でも中国語学習者が増えている今、台湾へ語学留学に行こうと考えている人も多いと思います。

現在日本人の台湾留学で一番の人気を誇る学校が「師範大学語学センター」という大学付属の語学センターです。

私は2016から一年間半だけその語学センターへ通って勉強していた経験があるので、今回は実際に通ってみてどうだったのか正直な感想を書いていこうと思います。

 

引用元:國語教學中心 Mandarin Training Center

 

スポンサーリンク

 

良くも悪くも日本人だらけ

台湾にはたくさんの語学センターがありますが、一番大きく有名なのが、この師範大学付属の語学センターです。

生徒の全体数が多いのもありますが、他の学校に比べると日本人の在籍数が桁違いに多いです。
私は正直日本人が多くて助かった点もありましたが、嫌だった点いくつかありました。

 

助かった点
わからない事が聞きやすかったことです。学校の仕組みや授業で分からなかったことを日本語で気軽に聞けたことはすごく助かりました。

それに同じ国同士なのでビザのことなどで情報交換ができたのが良かったです。

 

嫌だったなと思う点
他の学校に比べ外国人と知り合うチャンスが少ないというところです。クラスによっては半分以上が日本人なんてクラスがあり、もっといろんな国の人と喋りたいなと思ってたこともありました。

それから日本人が多いため自然に日本人コミュニティみたいなのができあがり、少しめんどくさいなと思うこともたまにありました。

 

 

 

 

教師によって授業のやり方に差がある

これはどこの語学センターでも多少あることですが、師範大学語学センターの場合は教師の数が多いだけに、中には変わった教師なども多くいて、教師を選ぶのが非常に難しかったです。

 

一週間だけクラスの変更ができる期間があり、そこで自分に合った教師やクラスの雰囲気を選ぶのですが、もしそこで選択ミスをしてしまうと三ヶ月間すごく大変な思いをすることになります

宿題が大量に出す教師もいれば、まったく出さない教師もいますし、毎日テストをする教師もいれば、一週間に一回だけの教師もいて本当に教師によって授業スタイルの差が大きかったです。(性格も)

 

私は一回だけものすごく合わない教師を選んでしまって、三ヶ月間すごくストレスが貯まり勉強が進みませんでした。

もし、皆さんも師範大学の語学センターに通うのであれば教師やクラス選びは慎重にすることをオススメします。

 

 

 

サポートが充実している

師範大学は台湾一大きい語学センターということもあり、様々な面でサポートが充実しています。

私が通っていた時は、事務室に一人日本が喋れる人がいたので、ビザに関する質問や学校関係の事を気軽に相談したり助けてもらえたりしました。

 

それにイベントやボランティア活動などに興味があれば紹介してもらうこともできます。

 

 

 

大学周りの環境が良い

台湾師範大学の周りには夜市をはじめ、様々なカフェや飲食店があり、学校帰りに友達とごはんを食べたり、お茶をしたりするのにまったく不便はありませんでした。

銀行や郵便局も近くにあるので用事がある場合は学校ついでに済ますことができ本当に助かりました。

 



 

台湾カテゴリの最新記事