『3年は仕事を続けるべき』という考え方は時代遅れで間違いだらけ。 | ありのまま

『3年は仕事を続けるべき』という考え方は時代遅れで間違いだらけ。

『3年は仕事を続けるべき』という考え方は時代遅れで間違いだらけ。

皆さんはよくこんな言葉を耳にすることはありませんか?

「どんなに辞めたくても3年は仕事を続けるべき」
「新卒で入ったのだから辞めるのはもったいない」
「こんなすぐに辞めてしまうならどこに行っても同じ」

などです。
比較的に年配の方がよく口にしていますが、今の時代にはこのような考え方は一概に正しいとは言えません。

ではなぜこのような考え方が正しいと言えないのか一つずつ説明していきましょう。

スポンサーリンク

 

再就職で不利にならない

今の時代、新卒採用者が三年以内に辞めるなんてことは珍しくありません

特に東京都内の企業では一年以内に新入社員の三割が辞めるなんて企業はかなりの数存在しています。

なのでそういった人向けの求人やサービスもたくさん始まっており、三年以内に辞めてしまったことが原因で再就職ができないなんていうことはなくなってきています。

 

昔は三年以内に辞める人の数が少なく、辞めてしまった人は再就職の際に根性がないなどというイメージをもたれ、再就職するのは大変でしたが、時代は変わり現在ではそういった風潮がなくなってきています。

 

それから日本中の企業が人材不足になっているという点も再就職がしやすくなった大きな原因の一つだといえます。

 

 

三年という貴重な時間

時間というのはみんなに平等に与えられています。その貴重な時間というものをどう使うかが人生において非常に重要になってきます。

よく「三年は我慢して働け」という人がいますが、三年という長い期間我慢して働くことによってどういったメリットが得られるでしょうか。

 

嫌いな職場が好きになりますか?
今やっている仕事が自分がやりたい仕事に変わりますか?
職場の人間関係は改善されますか?

 

そうです三年働いたからといって基本的に何一つ変わらないのです。

自分に向いていない企業でやりたくない仕事を我慢して三年やって過ごすよりも、早めに会社を辞め自分のやりたい仕事ができる職場を探したり、何か新しい事に挑戦してみたりして時間を使う方が明らかに良い時間の使い方と言えます。

 

 

鬱や病気になる危険性

日本の悪い風習「我慢こそ美徳」自殺大国日本を作りだしているのです。

会社を辞めたいと思う理由は人それぞれだと思いますが、もし、ストレスが原因であるならば「三年は働け」などという言葉を無視してすぐに辞めるか休暇をとりましょう。

 

最近日本ではブラック労働による自殺が非常に多く問題になっています。それは「三年は我慢して働くべき」や「仕事は辛くて当たり前」といった日本の古い考えに囚われ過ぎているからです。

 

三年我慢した結果がうつ病自殺なんてことになったら元も子もないので、日本の悪い風習に負けず、自分の体を第一に考え仕事をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

人生論カテゴリの最新記事