国際社会の今、中国語を学ぶべき理由 | ありのまま

国際社会の今、中国語を学ぶべき理由

国際社会の今、中国語を学ぶべき理由

 

 

ここ数年で世界的に英語の他に中国語を勉強する人が増えてきています。

特にアジアでは英語に並ぶ勢いで中国語を学ぶ人が増えているそうです。

では、なぜ現在世界的に中国語が注目されているのか、その主な理由をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

約15億人と喋ることができる!?

中国の人口は現在世界一位の約13億人でもうすぐ14億人に達しようとしています。

 

これはなんと

日本人口の約13倍

になります。

 

さらにその他の中華圏や世界の華僑の人達を合わせると合計約15億人といわれています。

なので単純に考えて中国語が話せるだけで約15億人と会話をすることができるのです。

 

現在アジア圏内で中国語を学ぶ人が急増していることを考えると、この先アジアでは英語より中国語の方が会話できる人が多くなっていくのではないでしょうか?

 

 

 

経済面で圧倒的力を誇る中華圏

中国は世界的にみても経済面でとても優れている国だといえます。

なぜなら中国経済は30年以上成長を続け今ではアメリカと並ぶまでに成長遂げたからです。

 

そんな経済大国とコミュニケーションがとれる中国語はやはり世界的に需要が大きいのは間違いないです。

 

さらに、アジアの貿易や経済の中心といわれているシンガポール、GDP成長率5.05.5%と安定成長を維持しているマレーシア、貿易額で世界第7位の香港などの地域や国もすべて中華圏のため、中国語が話すことによってコミュニケーションをとることができます。

 

 

 

まだまだ日本では希少価値がある

中国や台湾からの観光客が近年急増し、日本国内では中国語を話せる人材が不足しています。

 

求人情報サイトなどをみると、中国語を使用した仕事の求人が年々増えているのがわかります。日本ではやっと国際化が進み始め、英語を喋れる人は多くなってきましたが、中国語を話せる人はまだそう多くいないのが現実です。

 

なので中国語を話せることによって職探しやビジネス関連で、チャンスを広げていくことができるでしょう。

 

 

 

まとめ

以上三つが中国語を学ぶ主な理由です。

オリンピックを控えている日本では、これからさらに中国語の需要が増えていくことになるでしょう。

同じ漢字文化のため日本人にとって中国語は比較的勉強しやすい言語だと思うので、少しでも興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

語学・勉学カテゴリの最新記事